ちよっぴり優雅な旅を 〜 luxe traveller 〜

ホテル、マイル、おすすめ現地ツアーなどの旅の記録

ハワイ旅行記2017~その⑧SPGでペントハウス!

こんにちは、アラフィフ・マダムです。

 

ヒルトン・ハワイアンビレッジから

⇒モアナ・サーフライダーの移動は正解だったと

思います。なぜなら、ヒルトンは宿泊すると必ず

ビーチマット(いわゆるござマット)をくれるの

です。モアナ・サーフライダーはワイキキビーチ

に面してますが、ビーチマットはもらえません

(お洒落なエコバッグはもらえるんですけどね)

 

さて、ヒルトンからタクシーで

モアナ・サーフライダーへ向かった私たちを

出迎えてくれた白亜の宮殿の中の受付は

「SPGゴールドメンバー」

「ただのSPG会員用+その他」のカウンターに

分かれていました。

(受付後ろにあるお水)

 

つい1週間前にSPGアメックスを申し込み

ゴールドメンバーになったばかりの私は、当然

初めてではありますが、ゴールドメンバー用の

レーンに気持ち誇らしげに並びます。

私の前に男性が一人チェック・アウト中でした

その人が終わり、いよいよ私の番です

受付はアメリカ人?男性(とにかく外国人)です

彼は「ここは、ゴールドメンバー専用だけど?」

と若見えの私に、暗に「きみ、違うんじゃないの

間違っていない? 並ぶとこ。あっちだよ」的な

雰囲気で英語で丁寧にかつ穏やかに言っています

「Yes, I'm a gold member of SPG」と言って

ダウンロードしたてのゴールドに輝くスマホの

会員証を彼に見せます。すると

「これは、大変失礼いたしました」と言い

しばし、キーボードをカチャカチャしてから

「お客様からタワー・パーシャル・オーシャンで

ご予約頂いておりますが、私どもはお客様に今回

特別に21階のお部屋をご用意いたしました」

と言ってカードキーと、SPG会員のレストラン

などの割引案内、エコバッグをくれました

「エレベーターはあちらになりますが、

お荷物はどうされますか?」と聞かれたので

「自分で持っていくので大丈夫です」と言って

エレベータホールへ向かいます。

娘は「21階、やったー!」と言いながら走って

エレベーターホールへ

すると、

まだスーツケを引きずって廊下を歩いている私に

「ママ、21階がないよ!21階のボタンがない!」

と困惑した顔で言うではありませんか。

「そんなわけないでしょ。よく見なさい」と言って

エレベータのパネルを見ると、

確かに21階がありません。私も一瞬困惑。。。

確かにあの受付男性は21階と言った。

念のためにカードキーの紙を見ると

部屋番号は「2108」。これって21階だよね?

 

「えーっつ、これって、もしかしたら、20階の上

ペントハウスってこと?!」

 

確かにあの人は21階と私に言った・・・

 

「小マダムちゃん、もしかしたらペントハウス

かもしれない。PHを押してみて」と言うと

娘がPHと書かれたボタンを押す

そしてPHフロアへ。部屋を探すとありました!

 

しかも、なんとダイヤモンドヘッド側!しかも

モアナ・サーフライダーオーシャンスイートの

すぐ隣!!コネクティング・ルームになるようで

向かって右側スイート

左側が私たちの部屋

「ペントハウス・オーシャン」

 

一体どれだけのアップグレードかというと

想定外の6カテゴリーUPです!

「パーシャル・オーシャン⇒オーシャン・ビュー

になればラッキー!」くらいに思っていた私は

あまりのSPGアメックスの衝撃で狐につままれて

いる気分でした。

しかもウエルカム・フルーツ?ナッツ?のような

ものまであり

 

お部屋がどんなものかは、続く・・・